自営業がお金を借りられる
「業者」と「申し込み方法」を
教えます!

「自営業」なのか「会社法人経営」なのかで事情が変わる

自営業とひとくちに言っても、「自営業(フリーランス)」と「会社法人経営」があります。

当然ですが、「自営業(フリーランス)」と「会社法人経営」では後者の方が社会的信用が高いです。

「自営業(フリーランス)」の与信判断基準は比較的低い層にあるのが現実ということをまず知っておきましょう。

といっても、「自営業(フリーランス)」でも消費者金融やカードローンでお金を借りることはできます。

今は「自営業(フリーランス)」のみならず、パートやアルバイトでも毎月一定の収入があり、それを証明できれば申し込みはできますので。

ただし、審査に通りたいなら、当サイトを最後まで読み、正しい申し込み方法を知ることが重要です。

審査基準は金利が低い業者ほど厳しく、金利が高いほど厳しくない

基本的に金利が低い業者ほど審査が厳しく、金利が高い業者ほど審査が厳しくないという傾向があります。

金利が低い業者の代表格が銀行のカードローンです。

金利が高い業者の代表格が消費者金融です。

つまり、金利が高い消費者金融の方が銀行カードローンに比べると審査が厳しくないということです。

といっても、2010年6月18日に「改正貸金業法」が完全施行されて以来、金利の差は以前ほどなくなったというのが現実です。

というのも、法律で以下のように借りる金額に応じた上限金利がグッと下がったからです。

  • 10万円まで :上限金利20.0%
  • 100万円まで:上限金利18.0%
  • 100万円以上:上限金利15.0%

ですから、銀行カードローンと消費者金融では、自営業者が最初に申し込むべきは消費者金融です。

そこで、自営業者にオススメの消費者金融をオススメ順に掲載します!

自営業者にオススメの消費者金融ランキング
順位 サービス 融資額 実質年率 備考
1位 プロミス
1〜500万円 4.5%〜17.8% WEB契約なら即日融資も可能。お貸入れ3秒診断。30日間無利息。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
2位 アイフル
アイフル
1〜500万円 4.5%〜18.0% 手続きはネットで全て完了できます。面倒な契約書の郵送は不要です。
3位 アコム
1〜800万円 3.0%〜18.0% 30日間無利息。
3秒診断でお借入れ可能かすぐに分かる。
はじめての方でも来店不要で即日振込も可能。
10万円借りても返済は月5,000円からでOK。
4位 SMBCモビット
SMBCモビット
1〜800万円 3.0%〜18.0% 「PCからWEB完結申込」なら申し込み時に電話連絡と郵便物がなし。10秒簡易審査。平日9:00〜14:30までに手続き完了の場合、最短3分でお振込。

実質年率は小さい方ではなく大きい方(上限金利)を見るようにしましょう。

というのも、最初は信用が低いので50万円以下の金額を上限金利で借りるのが一般的だからです。

3ヶ月くらいちゃんと返済すれば信用が上がり、借りられる額も上がり、実質年率も下がってきます。

まずは小額を借りて、ちゃんと返済して信用を作ることを重視してください。

確定申告書の控えを用意する

「自営業(フリーランス)」の場合、審査の際に前年の確定申告書の控えを求められることがあります。

「前年度の確定申告書の控えをご用意できますか?」と聞かれるので、事前に用意しておくといいでしょう。

ここで躊躇せずに「はい、用意できますよ。」と答えられれば、事業内容などの詳細も分かり、良い印象を与えることができます。

利用目的は「レジャー」か「買い物」が無難

今はウェブからの申し込みがレスポンスが早くて一般的ですが、申し込みの際に使用目的を書く欄があります。

ここで「事業資金」とか「ギャンブル」とか「生活費」とか「他社への支払い」などと書いていけません。100%審査に落ちます。

一番無難なのが「レジャー」か「買い物」です。

利用目的の欄には「レジャー」か「買い物」と書いておきましょう。

1〜2社のみに絞る

まれに「数打ちゃ当たる」方式で、3社〜4社と同時に申し込んでしまう人がいますが、これは最悪の行為です。

というのも、同時に何社も申し込みをすると「申し込みブラック」というブラックリストに掲載されてしまう恐れがあるからです。

一般的には3社以上から「申し込みブラック」と呼ばれるようになると言われていますので、キャッシングを利用するなら3ヶ月くらいの期間で1〜2社まで抑えておきましょう。

事業資金として借り入れする

上で紹介した消費者金融やローンカードは事業資金としての借り入れは禁止されていますが、これから紹介するローン会社は事業資金専門です。

もし、上で紹介した消費者金融やローンカードでお金を借りることができなかったら、以下のローン会社で事業資金としてお金を借りるという手もあります。

また、事業資金は総量規制の対象外ですので、すでに多くの借り入れがあり、総量規制にひっかかってお金を借りられない人にもオススメです。

ただし、審査は消費者金融に比べて厳しい傾向にあります。

経営者、個人事業主向け
会社名 実質年率 最大融資額 特徴 対象
個人事業主・法人向けローンのMRF
4.0%〜9.9% 最大3億円 赤字決算でも融資可能な場合があります。来店不要で24時間以内に仮審査対応。営業マンの質が違う。 個人事業主と企業経営者に限定。
九州、中国、四国地方をカバー。

ウェブから申し込み後に担当者から電話がかかってくるので、その電話には必ず出るようにして下さい。



おすすめサイト